logo

品質と鮮度にこだわったえびをお届けするコーラルシー

Coral Press

冷凍エビの解凍方法と美味しい茹で方

冷凍庫での長期保存が可能で、幅広い料理に利用ができる冷凍エビ。
冷凍しても食感があまり変わらず、いつでも美味しく食べられ、常備しておくととても便利な食材です。
ただ、解凍方法や茹で方を間違えてしまうと、身が固くなったり風味が損なわれてしまう可能性があるため、正しい解凍の仕方や美味しく食べられる茹で方を理解しておくことをおすすめします。

そこで今回は、冷凍エビの解凍方法や下処理方法、下処理後の冷凍エビの茹で方について、茹でた冷凍エビのおすすめレシピと合わせて詳しくご説明いたします。

冷凍エビの解凍方法

冷凍エビの解凍方法として最もおすすめなのが、流水で解凍する方法。

他にも、冷蔵庫での自然解凍や氷水で解凍する方法がありますが、おすすめはできません。

それぞれの解凍方法について、おすすめできない理由と合わせて詳しく見ていきましょう。

流水で解凍

冷凍エビは、流水を使って短い時間で解凍するのが最もおすすめ。

冷凍エビをブロックのままザルにあけて、上から水道水を流します。

ただ、お湯を使うのは止めましょう。

お湯で解凍をすると、エビに火が通ってしまう場合があり、風味が損なわれてしまう可能性があるため、水道水をかけながら解凍をするのが基本です。

できれば、解けたものから氷水で冷やして、調理するまでは冷蔵庫で保管をしましょう。

解凍したエビが残った場合やすぐに使わない場合には、ジプロックなどに入れてから冷凍保管をすることをおすすめします。

殻付きのエビは冷凍に強いため、解凍後に再度冷凍をしても、品質が落ちるという心配はありません。

冷蔵庫で自然解凍

冷凍エビは、冷蔵庫で自然解凍する方法もありますが、時間がかかるためおすすめしません。

エビは、長い時間空気に触れると酸化して、解凍できたものから黒く変化してしまう「黒変」が進みます。

黒変が進んだエビは、食べても問題ありませんが、見栄えが悪くなります。

すぐに調理したい場合にも不向きなため、長時間空気に触れてしまう冷蔵庫での自然解凍は避けましょう。

氷水で解凍

冷凍エビの解凍は、ボウルに氷水を入れて、ジプロックなどに入れた冷凍エビを浸す方法もあり、手を汚すことなく行えます。

ただ、冷蔵庫で自然解凍する方法と比較すれば短い時間で解凍が行えるものの、なかなか解けないため時間がかかります。

使いたい時にすぐに用意もできないため、おすすめはできません。

冷凍エビの下処理方法

冷凍エビの解凍ができたら、調理をする前に下処理をする必要があります。

まずは、エビの背わたから取っていきましょう。

背中を丸めた状態で、頭側から2~3番目のふしくらいに竹串を刺し、手前に竹串を引くと背わたが出てきます。

また、尻尾を残す場合には、揚げ物などに使用する際の油はねを防止するためにも、尾羽の先を包丁で少し切り、中に入っている水をしごき出してください。

そして、処理をしたエビをボウルに入れ、片栗粉と塩を振りかけてよく揉み込み、余分な水分やぬめりをしっかりと吸わせた後に、流水でよく洗い流します。

流水で洗い流す際には、エビの風味を損なわないように、洗いすぎには注意しましょう。

洗い終わったら、ペーパータオルなどで水分をしっかりと拭き取れば、下処理の完成です。

下処理後の冷凍エビの茹で方

冷凍エビを美味しく食べるには、上手く茹でられるかどうかも重要なポイントです。

殻付きエビやむきエビなど、種類別の美味しく茹でるコツについて理解しておきましょう。

殻付きエビ

殻付きエビを茹でる際には、茹で時間に気を付けるのがポイント。

1リットルに対して小さじ2杯程度の塩を入れたお湯を沸騰させたら、エビを入れて2~3分茹でてザルに上げます。

そして、熱いまま1~2分放置します。

茹ですぎると身が固くなってしまうため、余熱を使ってゆっくりと火を通すようにしましょう。

むきエビ(生)

生のむきエビは、エビの色で茹で上がりを確認するのがポイント。

弱火から中火位で、色が白く変わるまでゆっくりと茹でます。

小さなサイズのエビであれば、1分程度で茹で上がるでしょう。

下茹で程度であれば、30秒ほど熱湯にくぐらせるだけでも十分です。

むきエビ(冷凍)

冷凍のむきエビは、水から入れて短時間で取り出すのがポイント。

冷凍状態の冷たいエビを沸騰した熱いお湯に入れると、身がしまって固くなってしまいます。

水から入れて、沸騰してから1分くらいで取り出しましょう。

ただ、風味を損なわないためにも、できれば解凍してから茹でるのがおすすめです。

茹でた冷凍エビのおすすめレシピ

プリプリとした食感が特徴の茹でた冷凍エビは、そのまま「茹でエビ」として食べるのが最もおすすめ。

マヨネーズやカクテルソースなど、いくつかのソースやドレッシングを添えれば、パーティーメニューとしても映えるでしょう。

その他、普段食べている野菜サラダにプラスすれば、主役にも匹敵する食べ応えのある一品に仕上がります。

また、茹でたエビはパスタ料理にもおすすめの食材。

クリームソースに茹でエビを加えてパスタを絡めれば、高級感のあるメニューに仕上がります。

まとめ

冷凍エビは、風味を損なわず黒変を防ぐためにも、流水を使って解凍する方法が最もおすすめ。

できるだけ短時間で解凍するのがポイントです。

また、調理する前には下処理をしっかりと行い、茹で時間は短く抑えることも覚えておきましょう。

冷凍エビは、普段の食事を華やかに彩ってくれる、おすすめの食材。

冷凍エビを使った料理を取り入れて、華やかな食卓を演出しましょう。

CONTACT

お気軽にご相談ください。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー